モンゴル料理 シリンゴル

年末の話ですが、モンゴル料理を食べに行きました。
巣鴨のシリンゴルというお店
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13005632/

もうしばらくは羊肉はいらない、というくらいに羊肉食ったよ・・・。
馬乳酒の感じをもとに作ったカルピス社のアミールSが一つのウリでした。
どうせなら馬乳酒が(怖いけど)飲みたかった。。。
そのほかモンゴルの高度数のお酒はあった(ほかの人のを舐めたのみ)

ゲル風の天井だったり、 馬頭琴の演奏だったり、食べ物以外に雰囲気でもモンゴルを楽しめる店でした。
ちなみに私のモンゴルのイメージは、漫画マキバオーで作られています。
味・量ともに大満

羊肉のクセが気にならない人・好きな人なら気に入ると思います。

活動量計を買った(Yamay 2018 最新版 スマートウォッチ)

かつてFitbitを試したことがあったが続かなかったが、運動時に心拍数測るのに使えないかな?と新たに活動計を購入

結論としては運動中に心拍数測るのにはかなり微妙
まず晴天下は日陰でもほとんど見えない。
特に心拍数が高いと赤文字なので一層見えない。
そして運動時心拍数数値は結構信頼できない。180/分とか出るんだけど、どう考えてもLTペースよりは遅いペースだしなぁ。

そのほか昔のFitbitの時の感想として、充電が非常に辛いというのがあって、
その点では

  • 大体の電池残量が画面でわかる(アプリを使えば%まで)
  • 専用の充電器不要・ケーブルも不要(本体がそのままUSBにささる)

というだけでかなり使いやすい。
寝る時にもつけるものだから充電のタイミング難しいなかで充電しやすくなった。
専用充電器だと充電できる場所が限られるので
電池が1週間持てば最高だったが、そこまでは持たないね。

そのほか

  • 歩数がスマホなしでわかるのは便利
  • 時計として使えるのは機能性として良い
  • しかしオシャレとしての別の時計をしたい時にどうすんのかというのはまた難しい(本田圭佑的に両手にする?
  • 時計は普段オフで腕を傾けると時計がつくがそれがうまく効かないときがあるのは微妙。どうでもいいときにつく。
    • ちなみに私はランニング中はスマホを持たないので、右手にGPSウォッチをつけてる両装備
  • そういう点では触らないと時計が見られないのは微妙
  • 二度寝すると二度寝目は睡眠時間にカウントされない。昼寝も。
  • 歩数は精度は歩きという点では微妙で腕さえ振ればカウントされる。まあ腕に付けるのはどれもそんなものか

LINEをスルーしてしまったときもあったのでその辺の通知が腕でわかるのは良い
と言いつつそれが必要な場面はだいぶ限られるのだけど。

根本的な問題として歩数がそこまで測りたいかと言われるとそんなでもない
睡眠の深さ的なのはちょっとログ的に見てみたい。
深度睡眠時間の精度とかはまったくわからないけど
というので、寝るときにだけつけるとかでも良い気もしている