新年抱負とか

あけましておめでとうございます

今年の抱負とか目標とか

  • 運動しつつ故障しない
    • 急にスピードと距離を求めるとダメ(故障気味からスタート
    • 準備体操・整理体操的なものもしっかりやる
    • メリハリのある練習
  • 野球・宝塚以外も人を誘う
    • 大阪の時はぼっち野球観戦のみならずぼっち宝塚歌劇などもやっててどうかと思ったので今年は割と頑張れたけど、ライブとか飯とかも誘おうと
  • 読書30冊
    • 下手な本にはまって進まないときもあるけど、それを含めてこれくらいは読みたい
  • 写真を撮りに行く
    • 一眼レフを活用する
  • 嫁を見つける
    • 昨年探すという抱負故ある意味達成してたわけだがそれは結果を伴ってないのでね
  • 新しくやることを精査する
    • 思い返すと新しいことはかなりやってたが、自分にとって新しいけど自分にとって価値があるとはいえないことも多々あったなという反省から
  • 時間を大切にする
    • スプラトゥーンで時間無駄にしてるから気象予報士試験受けてみただけだぞ。今はスマブラで時間無駄にしてる。

そのほか今思っていること。
・土日に本を読むために外に出る
・そこそこの頻度でスパとか行く。

気づきを増やすということ

社内の研修の結果ではあるが、いかに気づきを増やせるか、いかに「内省」できるかというところが個人の成長につながると考えている。
それは自分自身で気づいてどうするかも内省だろうし、他人のフィードバックであっても受け取るかどうか、それをどう生かすかも内省次第だし、内省・気づきこそが成長につながると思っている。
自然に小さなことでも気づいて改善できる人が自然に成長できる人だろうけど、そういう人でも内省により気づいてないことに気付く・気づきをもっと大きくすることができると思っている。
 
気づきを増やすためにブログを始めたみたいなことをどこかに書いたけど、気づきはどこにでも転がっているかなと思っている。
伊藤羊一さんが「キングダム 最強のチームと自分をつくる (神ビジ)」という本を書かれているが、漫画から気づきを得ているとも言える。
物語のワクワクがある以上はそこに何かがあるのは間違いないであろうし。
そういう学習の場ではない場所で自分はなかなか気づきを得られないが、意図的に内省することで気付くことや気づきを大きくすることができるのではないかと思う。
 
スクラムの振り返りなんかもチームとしての気づきであり、スクラムでは意図的な「レトロスペクティブ」という振り返りをスプリントごとに繰り返すが、別にスプリントだけに限らず、小さなレベルでは一つの会議や作業から、大きなものならプロジェクトや半期のような適当な区切りで振り返りができる。
 
みたいな本もあるしね。
キングダムを読むと寝不足になるのはほんとやめてほしい。