ひだまりの泉 萩の湯

ちょっと前からかなりいろいろなところで話を聞くようになった銭湯・萩の湯
一部界隈では話題になりまくっているので混雑を気にして平日木曜日(1/24)に行ってきました

場所は鶯谷が最寄りという、山手線内だけどそこかぁ感のある場所。
徒歩3分はいいですね。そう言いながら行きは日暮里から歩きましたが(徒歩10分弱くらい?)
2017年に建て替えたものなので建物はきれいです。

2階が受け付けで、チケットを買って入場です。金額は東京都の銭湯価格で安いですが、さらにタオルセット(タオル・バスタオル・洗う用の奴)が70円なのはかなりお得かと。
サウナ有料・カミソリ有料・ リンスインシャンプーとボディーソープ無料・ドライヤー無料という感じ。

お風呂は、高温風呂(兼薬湯)、電気風呂兼ジェット風呂兼大きめの風呂、炭酸風呂、光マイクロバブル湯兼露天?風呂、水風呂、サウナ
露天風呂というか、窓が開いていて外気が入ってくる風呂というか、という感じです
高温風呂も確かに熱いけども、普通の銭湯だともっとわけわからんくらい熱いのあるし、入れる熱さという感じでした。
洗い場はかなりたくさんありました。

普通の銭湯が平日夜どんなものか知らないですが、割と人がいたと感じました。
たまに風呂によっては人が多くて入りにくいと思う瞬間もあれど、待てばすぐ空くくらいです。
サウナは入ってないですが外から見た感じ結構人が多かった気がします。サウナと水風呂往復勢は結構いそうです。

さすがに郊外のスーパー銭湯と比べると面積が狭い分物足りなさはありますが、立地と値段は圧倒的ですし、これが通勤経路にあれば最強なんだがなとは思います。

終わって飯。食券制で購入と同時にオーダーが通るらしく、飲み物を買って、食べ物の方悩んでたら「飲み物置いておきますね」って言われるくらい飲み物はサクッと出てきました。
食べたご飯は旨辛麻婆飯。普通においしいやん。辛さもほどほどで食べやすいです。
酒もそこそこ種類があって、キリン系中心のクラフトビールと、櫻正宗と月桂冠中心の日本酒などもあります。
休憩室みたいなものはありませんが、食べるスペースで休憩してもよいようです。

銭湯としては最高クラスだと思います
スーパー銭湯と比べると何を求めるか次第でしょう。都心の下手なサウナ付き風呂よりは間違いなくよいです。
個人的には寝そべり風呂とかでぼーっとするのが好きなのでそれは休日郊外に行き、ここは平日の癒しにちょいどいいかなと思いました。

天然戸田温泉 彩香の湯

1/20ハーフマラソンを走り終えて、疲労がすごいけどなんとか温泉までは行けそうだったので戸田の彩香の湯へ。
http://www.saikanoyu.com/
戸田公園からバスで送り迎えしてくれます。
高島平からもあるようです。
戸田駅から歩けなくもないというも見ました(その元気はないけども)。
日曜の17時台のバスでしたが乗車は4名。
バスは20名くらいは乗れそうな感じなので余裕でした。

着いたら17~19時は混んでますって書いてあり、その通り受付から結構混んでて、まず入場で並ぶって感じ。
車で来ている人が多いんですね。
先に入場料払ってロッカーも指定されるタイプでした。

風呂も混んでて、洗い場はぎりぎり空いているところを見つけられる程度。
内湯は入る隙間が本当になく、洗った直後に露天風呂に。寒い。
露天風呂はかなりぬるめでした。

「(わざわざ露天側に出て)これからロウリュウします!」とか、「氷お配りしてます」とか伝えてくれてサービスもちゃんとしています。

ナトリウム系の塩化物泉で普通のお湯感は強いです。
が、ハーフマラソンで乳首が擦れたらしく結構ヒリヒリしてそこで温泉を感じました(ぇ

高濃度炭酸泉人気すぎで最後出る瞬間にようやく空いたなくらいで入ることはできませんでした。
混んでたせいもあり全体的にもうちょい広ければなぁというのと、もうちょい露天風呂が熱ければなぁというのが残念です。

また送迎バス組は1時間に1本しかないため、タイミングを合わせるのがちょっと大変ですね。
ご飯を食べて帰るかとかいろいろ考えましたが、バスのタイミングの問題もあって諦めました。
魅力的なご飯があればそっちを中心に考えましたが、戸田名物があるわけでもないですし、そこは仕方がない。
帰りのバスは行きよりは混んでました。

天然温泉 花咲の湯

天然温泉 花咲の湯に行ってきました
http://hanasakispa.jp/

ニューシャトルの原市駅から徒歩5分という立地。
ニューシャトルとか鉄道博物館以外に用はないのでそこは何とも言えない立地ですが、大宮付近からはまあまあ近いので良い場所かと思います。  

店員はマニュアル通りという感じでもありつつ、丁寧に説明してくれるので気持ちいいです。
というか慣れててなんとなくわかってたけど、この手の銭湯初見では確かに説明してくれないと困る内容結構あるな。
建物も新しくきれいです。

入ってすぐのくつろぎ処はまあまあ空いてたのでお風呂は混んでないかと思いきや結構な混みよう。時間も日曜の17時台というのはあるのでしょう。
テレビのある高濃度炭酸泉と源泉のところはかなりの人気で、高濃度炭酸泉は人気すぎて結局入れませんでした。
源泉は冬というのもあってかぬるめ。だから回転が悪いのもあったかもしれません。

源泉の横に循環の温泉もありこちらは加熱しておりかなり熱め。
個人的には露天風呂は熱いのも欲しいのでこれは良いです。
温まったら寝ころび湯でぼーっとしたり、壺湯を独り占めしたり、1時間以上入ってもまだいられると思える空間でした。

サウナもタイミングよければロウリュウなどやっているようです(特に食指が動かなかったので行かず)

お風呂の後はレストランへ。
まず上尾のお酒(文楽)があるというだけでも評価が高い。スーパードライとか一番搾りとかどこでも飲めるんだよ、地元の酒というのは素晴らしいよ。
そもそも普通のところは地酒なんて存在しないですしね。
逆にそういうのがなければ別に風呂についてるところで食べるほどじゃないよねと思ってしまいますしかなりの魅力に感じます。
鶏の唐揚げ定食を食べましたが、タルタルソースってあんまり好きじゃないのよねと思っている自分が割と好きだと思えるタルタルソース付きでした。(酸味が聞いてる感じが好みじゃないのですが、これは酸味はなかったです)

大宮からさらに先というのでなかなか行かない場所ではありますが、温泉・食事共に割と高評価で、もう少しだけ最高だったなくらいのよさでした。