EOS 60DをWEBカメラにした(EOS Webcam Utility Beta)

ちまたで一眼レフカメラをWEBカメラとして使うみたいのは話題として見聞きしてたけども、実際自分が持っている一眼レフでできるかというのを今更になって試そうという気になった。
というのも、なんか去年買ったPCはなぜか外部ディスプレイを抜くとブルースクリーンになるという不安定さ。昔のPCはカメラがしょぼいというので、昔のPCでいい感じで映せないかな?という気持ちはあった。
そして、Canonの一眼レフならEOS Webcam Utility Betaなるものでできるという噂を聞き実行した

まあぶっちゃけ、EOS Webcam Utility Betaの情報なら他のサイト見たほうが詳しいのだけど、EOS 60Dでも動いたよという情報として残しておく。

必要なものの準備

道具として必要なのは

  • カメラ本体 EOS60D
  • USB-mini USB(マイクロじゃないよ)
  • (任意)ミニ三脚

以上。ちなみに間違えてHDMI-HDMIminiケーブルを買ってしまったが意味がなかった。mini USBケーブルなら持ってるがな。。。

インストール

https://www.usa.canon.com/internet/portal/us/home/support/self-help-center/eos-webcam-utility/

公式に行くとEOS 60Dは非対応のため、リストにはないが適当な機種を選んでダウンロードで良さそう。
どっかの動画で外国人が選んでいたEOS 80Dを自分も使う。多分他機種選んでも同じものをダウンロードすることになる気がする。

機種選び以外にはダウンロード~インストールは別にハマる要素がない

接続

電源を入れる、ライブビューモードにする(ファインダーじゃなくて液晶に写す方)、USBを差す
これだけでWEBカメラとして認識するようになる。

何でも良いのでカメラを使うソフトを起動。カメラを「EOS Webcam Utility Beta」を選択
インストールできている時点で「EOS Webcam Utility Beta」はあるようで、映像が送れないと「EOS Webcam Utility Beta」の文字が表示される

昔PCはカメラ系アプリが軒並み未ログインだったので、Google Hangoutで試した。
見よ!この背景のボケ具合よ!

公式の動画だと動画モードにするって言ってた気がするけど(別に聞いてもいいなければ映像も飛ばして見てただけだが)、これだと自分が暗く映ってしまいうまく行かなかった。ライブビューモードで写真を撮るように明るさ補正とかピント調整するのが良さそうである。

メモ

このあとメインPC+Skypeで試したが、先にSkypeを起動していたら選択肢に「EOS Webcam Utility Beta」が出なかった。終了→再起動したら出てきた

使ったもの

ミニ三脚はこちら

無駄にボケた背景はこちらのレンズで…。己を映すには無駄に明るいレンズ。。。(f値1.8)

個人的、リモートワーク周辺で活用しているもの、買ったものたち

リモートワーク前から持っていたものもあるけど、活用しているものなど。

4Kディスプレイ

高解像度ディスプレイは正義。
なお全画面にすると少々広すぎる。
あとサイズが大きい超巨大4Kだと使いにくいのは、オフィスにあったやつで試したので、PCらしいサイズの高解像度のが良いと思われる(オフィスのは誰でも使えるが他の人も使ってなかった)

USB-C入力があると1つ挿すだけで画面移すだけでなくUSB-CからPCの充電もできる、USBハブの役割もできるから神。
なお、会社PCはSurface Laptopで毎日差し替えている…(端子系がすべて糞)

ノートPCの台

上のに限らず別ディスプレイを用意する際に、ノートPCを見やすい場所における台。
自分が持っている台はSurafaceProのような2in1的なのには合わない。プライベートPCのASUS ZenbookSでもちょっと微妙という欠点はあるが。。。

使っている奴はもうないのね。高さ変えられる系のはキーボード打つときの安定性、下のものが置きにくいというあたりは不安かも。

PC備品

キーボードとアームレストとトラックボール。
使いやすいキーボードとマウス(トラックボールでもトラックパッドでも)は当然よね。
意外とアームレストもあると変に負担がなくて良い。

キーボードは個人的には茶軸が好きなのでそれを。そのあたりは好みだろうけど、キー配置面と押した感触はこだわりを持ちたい。

タブレット端末

なにかをながらでやるには最適ね。
仕事に集中しろって感じですけど。
本を見て作業するのにも向いている。
音楽を聴きながら作業するのの音楽用の操作にも向いてる。

この企業が不安、みたいのは分からないでもないが、HUAWEI MediaPad T5 10はコスパは非常にいいね。
中途半端にできることがかなり制限されるAmazon Fire Tabletとか買うならばちょっと足してこのあたり買った方が、あとあと良い気がする。
重いゲームとかは知らんが、動画見る、音楽を聴く、本を読むしかしないならこれで十分(その中でFireは動画と本がAmazonに制限されるのが不満)

タブレット端末のアーム

タブレット端末は買うが置き場が悪くて活用できないみたいなのがあった。
それがこれを買うことでバリバリ活用できる。
机の上で作業したくて邪魔なら上げれば良い。これが便利。
高さ変えたり向きかえたり色々できる。置くのに比べて実際の場所を取らないのでとても便利。
止める場所とか、机にそこそこの広さは必要だろうけど。

Bluethoothヘッドフォン

つけ続けるには重いのがとても難点。
更に高いやつのノイズキャンセルはやばい。がまあ家で使う分にはこんなもんで大丈夫な気がする。
長時間使うには重いのが気になるので存在を忘れるくらいに使ってない。

Bluethoothイヤホン

没頭するには良いのかもしれないが、個人的にはカナル型は息苦しさを感じる(昔はそうでもなかったが)
周りの音が聴こえないと通知とかも無視しちゃうしね。
まあ別に誰かが干渉してくる環境ではないので、特に使わなくてもよいかなという感じ。

しょぼいスピーカー

結局カナル型のイヤホンとかじゃなく、別に誰もいないのだからスピーカーで流せばいいという感じに。
音質なんて聞きはじめの瞬間以外気にならんよ。
まあそれならタブレットから流せばいい説もあるけど、タブレットが斜めにあるため「正面から流したい」という好みの面で良い。
USB電源なのでいろんなところで使えて持ち運べる、と思ってたが意外とでかい。
音質も値段を考えれば悪くない。音楽に集中するとかじゃなければ十分

スマホ台

100円ショップで買った。台によっては縦置きと充電を両立できないのもあるけどできるやつ。
スマホの置き場がちゃんと決まるのは良い。まあなくてもいい。
まあ100円だしね。

高い椅子

ぶつけてもいないのに尾てい骨あたりが痛くなる謎の状態になり、仕事ができねぇ!ってときもあったのが、姿勢の影響もあるのかもなというので、良い椅子を購入。

エルゴヒューマンは諸々比較的調整しやすい気がする。結局どの椅子でも同じ施設を続けるのは良くないとは思うが、作業時に楽な姿勢にしやすい、座ったまま姿勢を変えて休むのもやりやすいというので良い。
ヘッドレストは自分の座高だとぎりぎりという感じで、もうちょい高くできたらなという感じ。

折りたたみテーブル

https://www.nitori-net.jp/ec/product/8760821s/

外付けディスプレイでやっていると、ノートPCが横に配置されてしまうため、会議のとき正面向いてちゃんと集中しましょう、というのも含めてノートPCと向き合うためのテーブルである。
不要なときはたためるのでルンバちゃんにも優しい。
まあズボラに生きてるときは出しっぱなしになってしまっているが。

床や座椅子に座って飯食うとかもこれでやってる。

サーモス魔法瓶

頻繁に飲み物を飲むけど、だんだん冷めるのがいやだ、というのがあったので購入。
保温力が高すぎて、飲みたい瞬間に注いで、結局冷めるまで待つというパターンにはなるので小さいコップに注ぐ。
洗いにくいから、変にカスが残る系の飲み物には不向き。お湯とルイボスティー専用になってる。
夏は冷たいのにも使えるのが良い。

感想:勝ち続ける意志(梅原大吾)

プロゲーマーの梅原大吾。特に知っていたわけではないが、他からの紹介で読んでみた。
その時読んだときはそんなにパッとしなかった。
「プロゲーマー」という点だけに関して言えば時代が運良く追いついたというのもあるようには思う。

ただしばらくして「勝ち筋を捨てる」というところがしっくりきた。
似ているようなこととして、たまに有名な社長みたいない人が、「いつもと同じようにせず違うものを選ぶ」みたいなことを聞くと、そうは言ってもその人も同じものにこだわっていることもあるだろうし、ピンとこなかった。
ふと自分の異動についてはこういう 「勝ち筋を捨てる」 気持ちもあるなと思った。
間違いなく2年半前の異動は、勝ち筋を捨てたなと。このままいればそれなりに評価されるだろうなという感じはあったが敢えて捨てた。
今勝てればいい、ではなく、社会人として勝つためには他のことを得たいという気持ちで異動を希望した。

ゲームのように明確な「勝ち」の世界ではないが、力をつけるという点では同じだろう。
どういう部分にそういう気持ちを持てるか、というのはあるだろう。
もちろんビジネスともなると広いからこそ 「いつもと同じようにせず違うものを選ぶ」 というのが意味があるのかもしれない
ゲームは多彩な種類があり流行り廃りが早いから特にそういう面は強いだろうけど、スポーツでもそういうことはあるだろう。基本のゲームルールは変わらなくても、相手が変わる、相手の試行錯誤、戦法の流行り廃り、自分自身の体の変化など色々ある中で「一時期勝てる」ではなく「勝ち続ける」には、一つの勝ち筋に固執しないこと成し得ているように感じる。

今読んでるエラスティック・リーダーシップでも、成長するには「安全地帯を出る」と書かれている。もちろんその瞬間は進む速度は落ちる。それでも成長のためにはそうする必要がある。

もちろんある一定の年齢になったら「多少は勝ち筋がある」ことが求められるようになるだろう。その時これまでの勝ち筋を踏まえて今何が生きるのかというところもあるだろう。さらに歳がいったら能力を発揮して当たり前と思われるかもしれない。
そこでしっかりと能力を発揮するには、ビジネスとして広く持つのか、もしくは一つの領域でプロフェッショナルとなるのかはあるけども、どちらにせよ一つの勝ち筋に固執するのはだめだなと思った感じです。