ノートPC購入に悩む

新しいノートPCを買おう!と思ったものの、どれにするか悩ましい。

希望

  • 軽いに越したことはない
    • どんなに重くても1.5kg
    • と言いつつ出かける予定はない
  • CPUはなるべく速く
  • メモリは16GB
  • 予算はそんなに気にせず
  • 外部4Kにもつなぐし処理色々考えるとGPUもしっかりしたい

CPU選定

CPUもGPUも良くてとなると、ゲーミングノートパソコンになるけどあれは重量級。比較的軽くてGPUを、というので至ったのがeGPU(外付けGPU) しかし探してみるとRyzenでは基本的には対応していない模様

発売日未定のASUSの怪しいやつならあるけど300ドルは気にしない予算の中でもさすがにオーバー https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2101/13/news054.html

(RyzenのオンボードGPUに期待、はちょっと不満に思ったときにしんどい。いやそういう動作させることはかなり限定的だから、必要ならそれ用のマシンを買う・組むのもありではあるが。)

となると、重さを制限する以上はIntel Tiger LakeのCPUを積んだ、Thunderbolt3以上対応の軽い端末になる。

この時点でCPUもほぼ二択

  • Core-i7 1185G7
  • Core-i7 1165G7

1185G7のほうが性能が高く、しかしPCも重くなる。消費電力増によるバッテリー面や発熱への冷却が影響してるのかな。ここはバランスだが一度CPU重視に傾きかける。

PC選定1

まず価格.comを見るとCore i7 1185G7で1.5kg以下のPCは3種類しかない

これ以上軽くはならない以上、ちょっと高いけどデザインも好きなXPSだろとほぼ一度決まった。 しかし色々見て気づいたのは、あれ?これFn+LeftでHome、Fn+RightでEndにならない?

これは今のPCで失敗したことなんだが、この機能がないとまずHomeとEndが打ちづらい。 というのでキーボードを確認

  • New XPS 13(9310)
    • 上で書いた件以外は完璧
  • Yoga 950i
    • 多分希望通りだがEnterあたりがちょっと変な配置
  • Prestige-14
    • Enterの右にキーがある変則
    • お前ノーパソでも間違えてINSERT押しちゃうのやらせる気かよ…

というので急にYoga 950iの評価が上がる。 しかしこの重さなら1165G7の軽いのもちょっと見たくなる

PC選定2

1165G7になると急に種類が増えて悩ましくなる。しかしこれを選ぶ以上は軽さに意味をもたせる必要があるため1kg以下に絞る

  • dynabook GZ/HP
    • 在庫切れが多い
    • M.2じゃないのが少し残念
    • キー配置は理想
    • 機能的には悪くない気がするが、なんかキーボード周り安っぽくない?
  • dynabook VZ/HPL
    • 上のタッチ付き?
  • FMV LIFEBOOK WU2/E3
    • 900gを切る超軽量
    • そして日本企業大好きのたくさんのインターフェース
    • 20万超える
  • Inspiron 13 7000
    • MX350も積んでて値段も割と安い
    • eGPUつけるなら意味ないけど
    • キーボードがXPSの一代前の残念なものとおなじっぽい
  • Lenovo Yoga Slim 750i Carbon
    • 950iと同じくEnter周りがちょっと特殊でイケてない

1165G7か1185G7か

ここでしょうもないことを考えた。

  • 結婚ルート→外でPC使う機会が減る
  • 結婚できないルート→買い換える金がある

多少の持ち運びの不便は問題ない
重さ・キーボード配置の優先度が下がる。というので1185G7にする
じゃあキーボードがマシなYoga 950iか…?

XPS 13 9310のBIOSアップデートで問題が解消されるっぽい

9300ではキー配置が違うこともあり、対応される気配がなかった

しかし9310だと

やったぜ!ということで再びこちらが評価うなぎ上り

比較

CPUは1185G7、メモリは8GB

  • Lenovo Yoga 950i
    • 重さ:1.37kg
    • 容量1TB
    • 14型 UHD(4K)
    • Thunderbolt4×2 + USB-A
    • タッチ対応
    • グレア液晶
    • 税込:¥151,591
  • XPS 13 9310
    • 重さ:1.2kg(タッチなしの場合)
    • 容量512GB~
    • 13.4型 FHD(UHDモデルも有り?)
    • Thunderbolt4×2 + micro SDスロット
    • タッチ非対応(対応もあるが)
    • ノングレア液晶
    • 税込:¥175,322

お値段が2万以上違うけど、細かいスペックは完全にYoga 950iの方が上
しかし1.1倍以上の重さ、グレア液晶というのがマイナスである…。
もっと細かい部分では電源ボタンがYogaは横についているため、閉じたまま起動とかはやりやすそうである。

最終的に

私が持ち歩きたいのはXPS 13のデザインだというので、こちらの購入を進める。
「3/10頃到着予定」
即納モデルじゃないとこんなかかるのかよ…。

一方のYoga 950i
「最短4 週間以上(ご決済日起算)で出荷予定」
あ、うんもっとかかるね…

急いでほしいわけではないけども、遅く手に入る事自体価値が落ちると思っているので、1600円くらい積んでXPS即納モデル
現実的にはパソコンが無いわけではないのでなんの機会損失にもならないはずだけど。
即納はカスタマイズできないだけじゃなくて値段もが上がるのね…。

容量は、現時点で128GBのPC使ってて512GBで足らなくなることはないだろ的なので最小512GBで問題なし
さすがに128GBは足りないことあるけどね。

180,382円 たけぇ…

謎のメーカーcocoparのモバイルディスプレイ(zg-156zxb)買った

モバイルディスプレイ買いたいなーとAmazonを見ていると、Amazonには価格.comでは取り上げられないモバイルディスプレイメーカーが多々出てくる。

  • EVICIV
  • Lepow
  • MISEDI
  • cocopar

などなど…
むしろ知ってるメーカーがASUS、I-O DATA(、山善)くらいしかないぞ的な感じである。

ぐぐってみると、謎メーカーだけどレビューで割といいよというのは書かれている感。自作自演って感じもないし、コスパは良さそうである。
コロナで需要も伸びただろうし日本メーカーには頑張って欲しい気もしたが、液晶自体が普通に強くないから安い中華系には勝負できるものはあまりないのかもな・・・・

買ったもの

Acerのこいつが激安ではあるが、悩んでいるうちに在庫が切れたので別のにした経緯もあるが、

https://kakaku.com/item/K0001203730/

今回買ったのは、cocopar zg-156zxb

上のが売り切れたので、知らんメーカーでもいいから同じくらいの値段で性能が上がったものみたいな形で検索

15000円前後だと、「タイムセール」を狙う必要があるっぽい。中華ディスプレイは大量にあるため、どれかがタイムセールやってる感を受ける。
選んだ理由は性能面で悪くなく、タイムセールだったからである。
多分他の中華メーカーの選んでも大差ないと思われる。AcerのはHDMIないとかむしろ劣るんだよなぁ。

開封の儀

割とおしゃれな箱に謎メーカー名
ディスプレイ本体に加えて、付属品も割としっかりしている

  • ディスプレイ立てるやつ(保護ケース)
  • 保護シート
  • USB-Cケーブル
  • USB-C ーUSB-Aケーブル(給電用)
  • USB-A電源
  • HDMIケーブル
  • 微妙に日本語が怪しい紙類

各ケーブルは短めな気がする

つないで見る

  • USB-Cから表示できるものであれば電源からの給電は不要
    • 表示を明るくするなら給電したほうがいいみたいなレビューも見た
  • 給電してHDMIやmini DisplayPortで繋ぐことも可能

普通にきれいに写ったな、という印象。
フルHDの解像度だが、まあこの大きさだとこれ以上細かくても大変だろうからこんなもんだろう。
保護シートはノングレアがいい人は貼らないほうがよい。映像が暗いとおっさんが映って辛かった。

設定

設定は左側のボタンからで、ボリュームのつまみ的なのを上げ下げではなく押し込むと起動する。その上にあるのがキャンセルボタンっぽい。このへんの説明はほぼなく不親切。
ディスプレイの設定はどれもやりにくいので、これが特段やりにくいわけではない。

外に持ち歩く

リモートワーク需要的には、家の狭いスペースに置いたり家の中で場所を変えたり、というので需要があるかもしれないが、一人暮らし4Kディスプレイ&フルHDディスプレイマンなので、新規に置く必要はなく家の中で場所を変える余地もないので、今回のは外でも画面を生かした作業をするためである。

重さは

  • 本体重量:約820g
  • カバー付き重量:1170g

とのこと。
まあノートPCと一緒に持つと、ノートPCの重さ2倍みたいな感じもある。が、まあそこは作業効率とのトレードオフになるだろう。
自分のノートPCはフルHDなのでちょっとそれ一つだとしんどいので、持ち歩いても使いたい的な面がある。

ノートPCよりは横がでかい

ThunderboltとかのPCならUSB-Cケーブル一つで良い。
USB PDでの電源も、最近はスマホがUSB-C端子のものが多くなり、共用しやすいなどもあるので、割と容易に調達できる。

横浜一人合宿では役立ちました

端子

HDMIとUSB-Cとmini Displayポートがある。
あと、ディスプレイのイヤホンジャック Mirco USBポートがあってOTG機能が使えるとあるけどこれが何かは不明。

ディスプレイへの給電用USB-Cから電気を流し、ディスプレイ接続用のUSB-Cから外へ給電することも一応可能だがあまり能力は高くないらしくChromecast with Google TVは動かなかった

何故か固定設置する

モバイルディスプレイのモバイルさをほとんど生かさない固定設置をした。 ディスプレイアームで固定設置する用の穴もあるので便利やで。

結果的に作業中に見られるChromecast with Google TV専用機になっている。 HDMI接続なのでAcerのが売り切れて変えなかったのは結果オーライである。

総括

中華の謎メーカーという怖さはあったが、普通に良かった

雪組公演 『f f f -フォルティッシッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』感想とか

ネタバレ的なところも含むやつです。そういやブログに宝塚歌劇の事書くの始めてだわね。
気づいたらおじさんも友の会ステータスゴールドでしたよ。
今年度中止なりまくりで申し込んでないから次下がるかもだが。

すでに宝塚大劇場での公演は終わりましたね。見てきたのは1/10なのでここまで放置しました。
一応千秋楽ライブ配信も見てましたが、仕事中どころかミーティング中だったので頭に入るかいな!、という感じでfffは前に見たから追える程度の見方でした。
ながらで見るのも多分初見だと難しい作品ですね。

以下、個人の感想なのでうんたら。

行ってきた

雪組公演 『f f f -フォルティッシッシモ-』『シルクロード~盗賊と宝石~』
コロナ下、東京は緊急事態宣言下ではありましたが、3週間誰とも会ってない私が密を避けて移動するのは問題ないだろうという判断。
いやだって、推しの退団公演で2列目(=1列目空席なので最前列)が当たって行かないのはないでしょ。っていうかSS席当たると思わんよ…。基本この手のは推しの公演は当たらないみたいな中で、まさか一番前が当たるとはね。

コロナじゃないときにも、推しの退団公演なら遠征あるなとは思ってましたが、まさかコロナ下だからといえ日帰りでムラ遠征するとは自分も思わなかった。

fff -フォルティッシッシモ –

退団公演だとたまにある、なんかよくわからない旅立ちみたいな中途半端な作品ではなく、むしろ物語が重厚感ありまくりな内容でした。
上田久美子パネェ・・・。

添い遂げ退団なんだし、もっといちゃついてもいいのよ、とも思うけども、いやそれはレビューに取っておくみたいな感じ。
冷たい感じ→ツンツンした真彩希帆が楽しめます。

ベートーベンが交響曲第3番(英雄)はナポレオンに捧げるというのは、史実と同じである
https://ja.wikipedia.org/wiki/交響曲第3番_(ベートーヴェン)
こういうところからも、交響曲についた名前が大事な要素感が伺える

このあとベートーベンが第5番(運命)を作りながら、謎の女に雑に「お前に捧げるよ」的なことを言っていたのがあとから効いてくるとは思わなかったね。
最後の最後でお前の名は「運命」ってところがやばいです。

最終的に第9番を作るところが今回のメインテーマではあるが、締めに何度か歌った「たとえ命、たとえ魂♪」な歌を入れずに、歓喜の歌の盛り上がりを持ってきて締めたのは本当に良かった。
あの曲もいい曲だけど、今回の締めはそうじゃないと思っていた。
タイトルのfff -フォルティシッシモ-も、子供時代のfff(フォルティシッシモ)の下りで、「強く叩くだけじゃだめなんだ。この中(胸の中)に強い気持ちを起こさなきゃ」ってところから、喜びの歌でf → ff → fffと高めていくラストにつながるあたりで、なるほどこのタイトルなんだなと。
ちなみにフォルテシシモって読む派なので何度も打ち間違えた。
途中までは苦しみながら頑張るみたいなところから、ギリギリ最後はベートベンは本当に苦悩していて、そこからの喜びの歌への盛り上げがこの作品の高まる感を演出しているように思う。

割とTwitterではよくわからなかったという意見も見られた。このへんは第5番が「運命」であることや、いわゆる第九(第9番第4楽章)が歓喜の歌(喜びの歌)であることとかも意味がある内容で、そういう意味への意識が弱い(もしくは本当に知識がない)とわかりにくいし、そういう中で謎の女が割と本当に最後の方まで謎のまま突っ込むという点で難解に感じる人もいるようには思える。

今回演奏が生じゃなくなったのもあってか、あの指揮・演奏する人がいるスペース(オーケストラピット?)を活用しまくっていたのも印象的でした。

シルクロード~盗賊と宝石~

菅野よう子が楽曲提供!というので話題になりましたね。そんなこと忘れていたので、曲聴きながら、あれそういやそんな話あった気がしたけどレビューの方だったっけ?と思いながら、いやいうてこれは菅野よう子っぽいしそうなんじゃね?と思って見ておりました。
はじめの部分と配信済みの盗賊の宝石+前後って感じみたいですね。

シルクロードって題だけど、正直シルクロードって歴史の授業で出てきた程度で、あまり良く知らん…。まあ場所的には中央アジアとか中国とか、インドとかな感じですかね?
(調べてみても活用される期間長すぎて時代が特定できない)
まあ宝塚歌劇のレビューって正直良くわからんところもある中では、そこそこお題に沿って進んでいる感じでした。

ラインダンスはコロナで密を避ける形で人が減らしているからですかね。人数少なくてちょっとさみしい感じ。あと終盤じゃなかったわね。

だいもんが青い花を彩風咲奈さんに渡すところがしびれましたわ。
前半でなかったイチャつきが十分だったかと言われると少々不十分ではありましたね。いや雪組の前の二人がいちゃつきすぎだっただけだな。

しかし2列目の良さと悪さを発揮しまくりましたね。 目の前2mくらいにだいもんと真彩希帆と朝美絢が熱唱しているのに、全員同時に見られないなんて!永遠にこの場面続いてくれ!(ちなみに上の動画の4’50~あたりのところですね)

大階段が出てきたあたりから、終わらないでくれ!って感じになってました。

2列目

2列目やばいって…

宝塚大劇場2列目

SS席は3回目なのですが(東京で初めて当たったのがSS)、2列目はぜんぜん違うわ。 まさに見上げる。近いじゃなくて目の前。飛沫?多分浴びてるんじゃない?(何)
コロナ対策で空席の1列目だと明らかにソーシャルディスタンスたもててないので、アウトなんでしょう。いや2列目も、演者は上にいること考えると浴びているとしか思えないけど(最短で水平距離で2mぎりぎりくらい)

誰よりもだいもんに近い、誰よりも真彩希帆に近い、誰よりもナポレオン(彩風咲奈)が死ぬ(夢の中?)ところを近くで見ている(演者を除く)んだぜ!

話の全体を知ってから2回目で近くのほうが良かったかも、とも一瞬思ったが、いやいや初見のパワーと近さのダブルパンチだからこそさらなる衝撃の強さもあったようには思う。

東京公演はそもそもどんな席でもチケットが手に入る気がしない。コロナ対策の面も含めて取れるのは1公演1席にしてほしかったね。

Fitbit Charge 4 レビュー(主にランニング目線)

活動量計的なのはすでに持っていて、中華の怪しい感じの活動量計
勝手に固定で入れた体重がGoogl Fitに同期されるゴミ仕様を除けば、まあそこまで不満があるものではなかった
とはいえGPSついていたら良いなとか色々思った結果Fitbit Charge4を買いました。

買ったのは去年の7月ですけどね。
ちなみに新しくなるFitbit Charge4はSuica対応とのことで涙目ですよ。まあ半年使ったからいいか!
https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210128_ho02.pdf

前使っていたの

  • 電池はかなり持ち、風呂時に充電すればだいたい大丈夫
  • 通常USB端子で充電できる
  • 歩数の精度は知らんが、まあ目安としては十分わかる
  • 通知はそんなにちゃんと使ってない
  • 中華系らしく言語系がちょっとたまに怪しい
  • たまに間違って触れて、運動モードが発動している
  • 運動時の心拍数はたまに絶対あってない時がある
  • 晴天時は全く見えない

という感じだった。

Fitbit Charge 4購入

PayPayモールで購入。くそっアフィリエイトがないぜw
購入前の感じとしては

  • 独自充電端子がクソ(Garminもそうだが滅びろ)
  • 腕で測る以上心拍数精度は期待していない
  • 時計型ではなくリストパンド型で唯一?のスマホのGPSを頼らず、これ自体にGPSがついていることに期待
  • GPS精度は多少はあってほしい
  • GPS使ったときの電池消耗が気になる
  • 電子マネーはソニー銀行のみなのでクソ(上に書いたように、これから出るものはSuica対応)

昔々会社の何かで、Fitbit使ったことはあるんですけどね。その時は4つのインジケーター的ランプのみの表示でほとんどの情報は全部スマホで確認、叩くことでモード変更という残念な感じで、ライブ中に拍手してたらモードが切り替わったこともありましたね…。
充電も単に刺すのではなく、中身を取り出して充電器にセットするという…。
と、当時は取り回しの悪さですぐ使わなくなりました。
今はGoogleが買収したのを信じろ!!

先に総括的なもの

  • ランニング用として使うには厳しいが、ざっとこれだけ運動したというのを確認するのには良いツール
  • これを買ってから半年間毎日運動しています!
  • GPS精度は微妙。クソ外れたりはしないけど、常に長めの距離になる
  • そしてたまにGPSを見失う。荒川河川敷という開けた場所でも起きるので謎極まりない。
  • バッテリーは1日1回充電すればGPSをそこそこ使っても不満はない
  • 軽くていい感じ
  • 心拍計は運動時にかなり高い方にずれることがあって微妙
  • 操作性は物理ボタンが一つであまり良くない
  • ランニングの距離通知とかがないので微妙
    • 設定いじってたらありました
  • 動作がたまに不安定

こいつの売りであるGPSが微妙なので、そこの精度を求めている方、またはランニングウォッチの代替に使おうという方はやめたほうが良いと思っています。
私はランニングウォッチも別に付けて走ってます。
アプリの出来とかから、中華の変なのに比べると頑張ろうという気持ちにはなりました(笑

Fitbit Charge 4のGPSまわり

結論から言うと、なんか割とずれる

まずGPSの捕捉ができるまで、「接続中」という表記はわかりにくい。
捕捉は市街地において早いとは言えないが、捕捉仕切らなくても記録を開始することができるし、遅いわけでもない。
とはいえちゃんと補足できていないと地図には出なさそう。
あと接続完了状態で間違えて戻ってしまうと、また接続中からやり直しなので、面倒である

他に持っているGPSウォッチにPolar M400とGarmin ForeAthlete 45があるが、基本的にこの2つに比べて長い距離を出す。
10%くらいは長くなっている印象。多分ひらけたGPSが取りやすい場所は差が少なく、高めの建物がある場所だとずれが大きい。
感覚的にも他2つのほうがあってる感じするんだよなぁ。
なのでペースとか距離とかは「参考」みたいな感じである

また突然GPSの捕捉ができなくなることもある。という点でランニングの距離を残すというのには向かない気がする。

参考

はじめはGPSが安定しにくい場所にいたりしたのでずれやすい面があるのは事実。 おそらくそのはじめの1kmのずれが上の距離のズレにも影響したし、ラップタイムのズレにも影響した模様。 下記が1kmごとのラップタイム

FitbitCharge4

Polar M400

バッテリー

GPSを長時間使うとそこそこバッテリーを使う
2時間くらい走った日は60%台まで減る感じ。使わなければ一週間は持ちそうな感じである。

風呂に入るときに充電して、寝るときにつけるのサイクルでは全く問題がなくなっている。
寝るときに付け忘れる問題はあるがw

軽さ

感覚的なものになるが、気にならない軽さ
時計型を避けたのは、シンプルに重いからなので、そこに関しては問題なく満足という感じ。

ランニングはともかくM400(時計型)を寝るときもつけてくださいと言われたら、気になって寝られなさそうみたいな感じはするけど、これは全然気にならない。

心拍計

通常時に気になることはないが、ランニングは変だなと思うことがある。
遅いペース走っているのに、170bpm以上になることとかもある。
時計型だと複数センサーのものがあるが、これは1つなのでそのへんのエラー値になったときにうまく動いていない気がする。

実は不整脈でとか、他の影響も考えたが後に買ったGarminではそうならなかったので、精度が悪い気がする。 ちょっとずれるとかではなく明らかに上にずれることがあるという感じ。

一時期頻度高くそうなっていたけど、最近はそうでもない。
ファームウェア上げたら直ったとかあるのだろうか?

操作性

ボタンの少なさは悪い影響がある感じ。
サイドの物理ボタンと画面の操作で行う。画面操作は手袋したりしても動く。

一番クソな点は、物理ボタンが1つしかないため、画面を表示するために押すのとキャンセル(戻る)がそのボタンに集約されていること。
そのため画面つけようとして2回押してしまうとか、もしくは別の何かで画面がついてしまうと同時にボタンを押してしまうとキャンセルが走る。
これで何度かランニング中に一時停止になったことがある。

また動作が不安定なことがあり、押しても反応がないみたいなこともあって、そのときにボタンをポチポチ押したら結果的にランニングが一時停止→停止→終了みたいに動いていたことがる。

Fitbit Charge 4はランニングウォッチとして…

1キロごとの通知とかないので、ランニングウォッチとしては多分使えないレベル。
今の速度は出るけども、結果的に1キロを何分で走ったかが走ってるときにわからないので、ペースを調整することができません。

ありました。1kmごとに確認できます。ちなみに見ないで放置しておいても、次のラップをカウントするまでは表示させない限りは前のラップの表示が残ります。
いやでもGPS精度がわるいからそもそもね、というのが致命的。

その他

  • spotifyは使ってない
  • アラーム的なのは、よくある設定時間から30分前から設定時間の間で眠りが浅いと判断された時に震えるやつ。知らずに使ったら30分前に起こされてキレたw
  • 歩数の精度は知らんがそうずれるもんでもないでしょ。
  • 睡眠の質的な精度も知らんけど、まああまり寝れてない気がするとスコアが低い気がするので割と正確そう
  • 独自の充電端末なのはやはり微妙。使いにくくはない。
  • なぞのリラックス機能も使ってない

最新機種はSuica対応ですってよ。うらやましい。

2021-1の振り返り

読書

防水のKindle Whitepaterを買うと言ったな。あれは嘘だ。

  • Kindle Oasisを買った
  • 風呂にスマホは持ち込んでいるけど、メモとタイマー用
  • この時期追い焚きがないと長時間入るのはまず無理
  • 1日15分程度だと読む本によっては進まなそうだなぁ
  • 1冊目は去年から読んでるが2冊はまるまる読んでいるので予定以上のペース
  • 軽い本2冊なのも事実
読んだもの
  • 演習で身につく要件定義の実践テクニック
    • システム屋が一般企業のシステム構築するためにヒアリングして~の流れの要件定義だったので思っていたのとは違う感じの本
    • まあでも上流工程って「コミュ力」が大事だね
    • 俺たちは雰囲気で要件定義をしている
  • 会計クイズを解くだけで財務3表がわかる 世界一楽しい決算書の読み方
    • 業種や企業戦略が財務3表から見えてくるよって本
    • 戦略的なところの興味において、BS,PL,CFでの見え方という面白さはあるかもしれないが、そこまで面白いとは感じなかった
    • 投資家目線で見ると面白いのかもしれないが、投資はほぼしていない。
    • 図とかあってわかりやすい気はするけど、そもそも簿記がわかっているからなところもあるかも
  • 1行書くだけ日記 やるべきこと、やりたいことが見つかる!
    • 「振り返り」を意識するのは、これの筆者の影響があるので、改めて意識を高めた感じ
    • 大事なのは実際にやること
  • MBAのアカウンティングが10時間でざっと学べる(途中)
    • 上の決算書の本からもう一歩踏み込もうという感じ
    • ポイントを押さえる本という感じがしている

→2月も引き続き頑張りましょう

運動

  • 月間走行距離:285.6km
  • 運動日数:31/31

距離は年始の休みで集中して走ったのもあり、序盤に稼いだ感。
あと土日が5回あったから上振れしている
とはいえ2週に1回は24kmJogができるようになったので、そこは距離に貢献していそう(24kmJogを初めてやったのが去年の9月)

逆に平日は最長6kmと全然であった。
3週目から筋トレというか補強を加えた(平日のみ)

来月は予定の平均値200km程度を目指す感じで。

仕事

前もそうだったけど、マネジメント的な立場だと結局うちの会社は、メインの仕事は他の人に集中させて、それ以外のざっとした仕事を自分がやるみたいなのはありがち

今期は2人増えて1人減って1人増えて1人減って1人増えて1人減って1人復帰する予定で1人増える予定というわけの分からなさである 更に増える可能性もあるし来期もまだまだ変わりそうである。

特に何かってのはないけど、まあちゃんと仕事に取り組みましょう。

勉強

副業がそろそろ落ち着いてくるので、なにか勉強したいところ
やったと言えるものという点では資格系はありだとは思う。
去年やれなかった統計検定とかかしらねー。
2級くらいは取れるようにしたいところ。
試験受けるなら3~4月あたりか?

2021年

目標的なものを書いていたけど、ここに書いていなかった。
ここに書かないと忘れるので、今更書く。

———————————–

目標持つならこの2つだなと

  • 読書
  • 運動

加えて仕事も、まあ生命活動の大半ではあるのでちょっと意識的なところは記しておきたい

読書

月に2冊読む(年24冊)

以前の目標は月3冊くらいだった気がするけど、今年がひどいので減らそう。
大事なのは「いつ読むか」で、これはもう風呂or寝る前の二択しか自分はできなさそう。
風呂でやりたいことが多すぎ説あるけど、今年はもう明確に「読書」にしていこうと思う

スマホを持ち込むと別のことをしてしまうので、読書専用機を風呂に持ち込む。

  • まずは防水のKindleを買う
  • この2冊を読むを決める
  • 風呂にスマホを持ち込まない

運動

B目標:95%の日(347/365日)3km以上走る運動する(強度は問わない)
A目標:年間走行距離2400km以上/月間走行距離200km以上/毎日走る

坐骨神経痛があかんくても短い距離は走れそうなので短い距離は毎日走りたい、という感じ。
病気にかかって走れなくなることもあるかもしれないし、なにかの用事でどう頑張っても走れない日があるかもしれない。というのの5%の余裕をもたせる。

気持ちは毎日走る。天気とかで無理な場合もなにかしら室内で運動する。という気持ちで行う。

年間走行距離は平均すると200kmという感じ
いっかい3000kmと書いたけど、月間250で無理する感じではあるので自重
一応200kmは9~12月はできていたので、故障とかなければ行けるはずのもの。 (9~12月のペースで行っても年2750km程度)

まあその故障しないのが一番難易度高いのだけど(すでに痛い気がする)

仕事

もうちょっと「準備」をしっかりしたいね。
ふんわり仕事を始めて、ふんわり進めて、だんだん焦るみたいな感じになってる。
多分書き出したり、整理したり、方向性考えたらもうちょっと良い気がする。
午前中は多少作業を犠牲にしてでもこれをちゃんとやっておきたいところ。

2020年振り返り

3ヶ月目標を立てるみたいな感じだったのを、今見て思い出した。 まったく駄目ですな。

読書

今年読んだ本、ブクログに登録してあるので4冊しかなくてヤバみ。
うち2冊は試験系だから読書と呼べるか怪しいし、1冊はスポーツ系だし。 スポーツ系は多分もう1冊読んでて、あとシン・ニホンとか何冊か登録してないけど読んではいる。

読書は単なるインプット以上に、そこで得たものをもとに考えをふくらませるというのを大事にしたいと思っているけど、そういや今年は読書してないから考えるというのもちょっと弱かった気がするな。

ランニング

1~3月

1月頭くらいはいわきに向けてちゃんと走ろう→足痛いから無理だわー棄権だわー→中止

その後3月中旬まで何もしなかったら通勤もなくなったことから、体力の落ちを実感 →ランニング再開

4月~7

最長で6km走るくらいで、健康のために走ってる感じだった 頻度も気まぐれで週0~5回くらいでまちまち

8~10月頭

Fitbitを購入→突然毎日走り出す 距離も徐々に伸ばし始める
8月の走行距離:147km

9月に唐突に自宅合宿をする。インターバル走も入れ始める。最長24km走る。
9月の走行距離:254km

10月~12月

坐骨神経痛か何かで、足の付根が痛いので練習量・強度を落とす。
10月の走行距離:220km

11月の走行距離:206km
強度は上げないが距離は最長15kmくらいは走る

仕事が忙しく平日の走行距離が激減 強度と練習量をそこそこ上げ始める 12月も走行距離は200km超えるか超えない程度。年末の休みに稼ぐ
12月の走行距離:241km

社会人になってから月間200kmは超えてなかった気がする。 ただ通勤がなくなり、実質的な運動量で言えば減っているし、平日のランニングはそれを補う程度なので、全体で言えばまだまだという感じがする。

まとめ

9月の自宅合宿はよく故障しなかったな感はある。その後駄目だったけど。
睡眠とかケアとかしていれば、もうちょっと上げられる気がする。
土日両方長い距離は故障を招く気がするので、水曜辺りに長い距離を入れたいところだが…。

→もう少しペース遅く長い練習も入れる

婚活

なにそれ????

勉強・開発

友人の手伝い(副業)したらほか何もできねぇ

G検定だけ取った

仕事

暇だった年始から、22時まで働く年末
2月末からほぼリモートワーク

「リモートワーク効率いいです!」って言ったけど全然だわ。
どんだけ遊んでんねん。こんだけ遊んでるけど成果は割と出てるのすごくない?
変に成果出てるから治らん面もあるんじゃろな。

上司がやめてから色々だめ感はある。 マルチタスクは良くないなか、やるべきことが決まっているマルチタスクなら自分で順序立ててやればよいのだけど、差し込みが多い役割になると、色々忘れる事が多い。
編集中の画面がどっか行くことがしょっちゅうある。

日々の作業のゴール目標がない感じがある。 日々の振り返り・計画をもうちょっと明確に行いたい。

横浜のホテルで一人作業合宿をした

コロナの状況は悪化しているけども、まあ近距離で一人でなにかする分には特に問題ないだろう、経済を回そう的なところで旅をしに横浜へ

横浜まで

正確にはホテルのある桜木町まで。
一応旅感を出しながら行こうと思ったが、旅感出すための特急はない(東京-横浜だけ踊り子号はあるけど)。グリーン車を使おうにもむしろ時間がかかる、という感じなので京浜東北線で桜木町まで。
旅なのに一度も座らず着いたわ。

2月末のいわきぶりに、東京と埼玉以外に出かけたのである。

ホテル

アパホテル&リゾート横浜ベイタワー

結構新しいっぽいホテル。だが、入り口の体温をリモートで測る機械は使い物にならない反応。チェックインカウンターは大量にあるが、泊まる人もかなりいるため15時半頃はチェックインに長蛇の列であった。

眺望なしとありの部屋で値段が違う模様。なしも多分色々あって、自分は海側だったので割と良い景色。
右端にあるのはあの大さん橋だぞ。

14時からチェックイン可能、11時までにチェックアウトと長めなので作業にこもるには良い感じ。

実際作業やってみた

セカンドディスプレイ

モバイルディスプレイをわざわざ購入。USB-Cでつなぐ感じでOK。
これでもフルHD2枚はプログラミングには狭いんじゃーというのはあるけど、1枚よりはだいぶ良くなりますな。
しかし荷物が重くなる…(+1kgくらい)

テレビをディスプレイ化するというのは考えたが机に設置型ではなく、違うところの壁にくっついているタイプだったのでそもそも無理だった。
古いホテルはもともとのブラウン管用の場所に置いているからなんとかなりそうだけど、新しいホテルは壁付が多い印象あるね。

タブレットのサードディスプレイ化とテザリング

タブレットをサードディスプレイとして使おうと思っていたが、午前中にあるはずだった用事にタブレットが必要で取り出したせいで、持っていくのを忘れてしまう。
しかしタブレットを活用するには楽天モバイル端末をルーター的に使う必要が現時点ではあるのだが、なんと楽天モバイルが圏外! おまえauローミングもなくなったのか!www
タブレットを持っていったところで意味がなかったのである。
CMで「常識をひっくりかえす」みたいなこと言ってたけど、こんな一等地で圏外とか常識ひっくり返ったわー。
ということでタブレットをサードディスプレイ化はできず。

ルーター+回線があれば良いので、有線LANを無線化する機器ならホテル回線でもできるかもしれない。次の機会には買ってみても良いかもしれない。

ちなみにタブレットのサードディスプレイ化はspacedeskを使う予定だった

電源

部屋はいわゆるカード挿すと電源入る式なので、外出すると電気落ちるからちょっと出てる間に画面落としただけなのがスリープに移行してて焦るよね。 まあそれだけなんだけど。

新しいホテルなので電源系も6箇所くらいあって、タップなしでも大丈夫な感じではあった。

今回小型のスピーカーを持っていった。 良くも悪くもBGMになるため、イヤホンほどには作業に没頭とも行かない感もちょっとある

ちなみに、バッテリー内臓+防水なので「場所を選ばない」メリットはあるが、あまり音は好きではない。

その他

ホテル特有のテーブル前に鏡がある仕様で、ふと気づくと目の前に髭のおっさんが現れるというのは残念。
あとベッドが真後ろという誘惑も。。。

総括

環境だけで言えばあきらかに家のほうが良いので、家でできるのならそれに越したことはないな。往復と宿泊でかかる費用とか考えていい感じに家でも特別感を出すと良い気がする。荷物重いしな…。

とはいえ作業もしないといけないけど、どこかに出かけるときの作業参考にはなった感じ。
あとはどうしても家ではできないっていう緊急時だなw

Sandy Bridgeおじさん令和になっても復活

Sandy Bridgeおじさん

もう9年も前の2011年に生まれたIntel CPUシリーズのSandy Bridge Core i7 2600Kは当時はかなり優秀なCPUとして知られていて、 CPU性能は世の中的に上がっているが、変わらずそのCPUに固執して使い続けるおじさんをSandy Bridgeおじさんと呼ぶ…

https://ark.intel.com/content/www/jp/ja/ark/products/52214/intel-core-i7-2600k-processor-8m-cache-up-to-3-80-ghz.html

何度目かわからないSandy Bridge PCの復活である

そんなCore i7 2600Kを自分も使っていて、ストレージこそ何回も切り替わっているものの、いまだにデスクトップPCに入っている。

さすがに9年前のCPUである。5年前と言われてもそろそろ変えるかと思える感じではあるのに、気づいたら9年。 最近もRyzen良いんじゃない?とか色々思いながら、特に変えず。 去年、持ち歩きもすべて同じPCでやったほうが良いだろとノートPCを買ったものの、結局不満がでかい。
そしてコロナの影響もあり、外で作業することがほぼなくなった今、ノートPCにこだわる必要性がほぼないのである。

ノートPCしんどいポイント

  • 謎のブルスク
    • 外部ディスプレイつないでると大丈夫なのに、単独で動かすとブルスクに
    • これは故障な気がするが
  • 謎のフリーズ
    • 同上
  • カクつくことが多い
    • メモリ不足?個体の問題?
    • グラフィック性の不足?
    • 4K繋ぐのは性能的にきつい?

ただぶっ壊れているだけという説はある。メモリチェックとディスクチェックはノーエラー

スペック差

ノートPC -> デスクトップPC で書いている

CPU(大差なし)

Core i5-8250U(第8世代) -> Core i7 2600K(第2世代)

6世代も前だが今のはノートPC向けCPUということもあり、新しくてもシングルコアの性能は大したことがない。 コア数・スレッド数は同じである。ここに差はない
消費電力だけは間違いなく増えているがw(TDPは15W -> 95W)

ここは不満がないわけではないから、次なにか買うときはちゃんとシングルコアでもハイスペックになるだろう。

メモリ

8GB->16GB

フルで使うと
Chrome、Firefox、PhpStorm、PhotoShop、Teraterm、WSL、Slack、Thunderbird、Notion、XAMPP
あたりが起動するが、Chromeがアホみたいにメモリ食うので、8GBだと割としんどい。最近はWebRTC開発とかもしてるしね。
Chromium Edgeが良いという噂もあるね。
小規模開発ならChrome。PhpStorm、XAMPPで昨年メモリ4GBで開発していたし、なんとかなるけど、家で色々調べながらにはしんどい。

16GBじゃたらんようなことはしていない

グラボ

オンボード(intelグラフィックス 620)->GeForce GTX 1050Ti

今も売ってるくらいに比較的新しく、一応ミドルクラスくらいではあるはずなので、Intelオンボードと比べると圧倒的である
まあ別にグラフィックに負荷かけるようなことはしないのだけど、一応4K&デュアルディスプレイだしね。

SSD

両方SSDで、ノートPCもM.2じゃないんだなー…。というので決して転送等がバリバリ違うわけでもない。

LAN

ノートPCは使ってるアダプタが壊れたのか何故か速度が出ないため、無線LANで作業している。 当然移行先のデスクトップはGigabitLAN
一応無線LANの機器も新しくしたので無線LANでもかなり速度は出るはずだけども。

つまり

SandyBridgeおじさんに回帰すると

  • 速度面はほぼ変わらないか、よくなる部分すらある
  • というかメモリは圧倒的に不自由なく使えるようになる
  • LANでの転送も安心
  • 消費電力は上がる
  • 持ち運びができなくなる
  • 停電に弱い
  • 多分稼働が安定する
  • officeがマシン単位らしく制限的にインストールできない

こんな感じである。まあフリーズしている時点で、ノートPCは初期化して動作検証でございます。。。

こんなことを書いてから半年経ってた

Notionに書き溜めてたわけだがはじめに書いたのが半年前だった。まあ書いたときには普通に移行済みで半年間不満なく使えている。
理由は全くわからないが、土曜日午前にとある人と隣のタブレットでZoom会議しているときだけブルスクになる時がある謎。

とりあえず10年使おう。10年経ったとき考えよう。
ガラケーも同じやつ10年使った。
きっとZen4が出た頃に新しいの組むか、来年にパワー重視のノートPC買う感じになる。

ここ最近のランニングについてやってること・考えていること

故障を繰り返してきて、「もう競技なんかしない」と思ったのは数年前。
去年は、やっぱり走るぜと思いながら体にガタが来た感が溢れほぼ練習できず。
というのでガタが来たから本当に無理みたいな気持ちは出たものの、コロナでリモートワークすると本当に体力が落ちる→「健康のために走るか」となり、走ると結局「タイム追うぜ」ってなってしまっている。

以前の反省点

社会人ベストを出したときのランニングは、土・日にそれぞれ18km走(ビルドアップ気味に全力) という感じで、ある意味2日連続ポイント練習。
そんなことしてたら大して記録も上がらず、故障をしていた。まあ走行距離対記録という点では良い記録なのかもしれないが。

ポイント練習は連続でするもんではないし、もっと距離を伸ばす遅いJogを取り入れるべきだなと。そう思っていたはずだが、当時ほど追い込んでないにしても18km走(後半上げる)を2回連続で一昨年もやっていた。。。

この本とか見てもポイント練習は週1でしかせず、ゆっくりではないけど、LTより遅いペースで走ることが多い。本の内容がすべて正しいとは思わないが、他の本でもポイント練習とつなぎのJogみたいな感じでは書かれていて、そのJogの距離が一般人からすればいや走りすぎだろ的な距離でトップアスリートもやってるんだろうなと思う。

7月まで

ここは健康のために走ったゾーン。 走りたいときに最長6kmまで走っていた。

8月

Fitbit購入とともに毎日走り始め、加えてペースは上げないで距離を伸ばし始める。と言ってもこのときはまだ10kmは超えない程度。

9月上旬~中旬

心拍数150bpmを目安に長めのJog。距離を伸ばし始め、一週間経ったらもう一本先の橋みたいな感じ。 距離は15kmくらいまで伸ばした。 たまにタバタプロトコルを入れようと試み始める。

9月下旬~

唐突に始めるインターバル走。ペース走。 何故か合わせて伸ばす距離。どう考えても故障するやつやん。 どうして体ができあがってないのに一人合宿し始めたのか…。

全力でケアしたら幸い故障はなく、まあ以前から悩まされていた腰痛系のはちょっと出てきた気がするが、まあ大丈夫。

10月中旬~

もう一日ポイント練習したくない?と思った感じ。 まあ下の結論としては、いやまあまずは週1でちゃんとやろうぜ、というところ。

11月入ったらもうちょっと考えても良いかもしれないが、まずは土日どちらかポイント練習、もう一日距離を積むのパターンをしっかりこなす。 ゆっくり長くは楽しくないんだけどね。

リカバリーを考える

故障しないためにはリカバリーを考える必要がある。 腰とか股関節周りは走る量による体の歪みとかもある程度影響してそうだし、故障も走りの癖の影響は大きいが、それでもリカバリーがしっかりしていれば癖による偏った疲弊も緩和できる。 (もちろん癖を治すことも並行で行うべきだが)

というので、とにかくリカバリーを考えまくっている状態である。 どれにしても、一回で「めっちゃ効果ある!」と思うものではないから、効果があるのか不明なものも多々含まれる。

栄養

栄養をたくさん摂るのは基本 その上である程度強度高く運動したあとは「リカバリー」系のものを摂るようにした。
基本の栄養は、野菜的なものも摂るし、タンパク質も摂る

タンパク質は一般の人で体重と同じくらい、トレーニングしている人は最大で体重の倍くらい摂るみたいの見たけどしんどくない?
「野菜を摂る」を意識していたのもあるが、プロテインを飲んで確実に体重と同じくらいは取れているか?くらい。
運動しているのでもう少し取ったほうが良い。 そして結構摂りにくいのよね。プロテインバーとか摂っても良いかもだが、セブンイレブンのサラダチキンバーが優秀なのでランチに追加することにした。

リカバリープロテイン

お値段高いので、強度強めのときのみで、普段はこちらのリカバリーサプリを摂る

加えてハードなトレーニング後は速やかに栄養を摂る。噂レベルだが、どこかの駅伝実力校はトレーニング後、クールダウンとかストレッチとかよりとにかく栄養を取るのを優先するというのは聞いた。
筋トレ後にプロテインはよく聞くが、筋グリコーゲン使った後に炭水化物も大事(そのためリカバリープロテインや長距離向けプロテインは、プロテインという名ながらマルトデキストリンを比較的多く含む)
またなるべく運動直後は炭水化物も吸収の早い単糖類を摂る。

リカバリーウェア

これは買ったばかりor買う予定

  • コンプレッションウェア
    • リカバリーに限らずコンプレッションウェアを出していたSKINSが潰れていた・・・
      • ランナーでカーフ?ふくらはぎにつけてる人はそこそこ見かけたので困る人はそこそこいる気がするね
    • 明確にリカバリーとしてコンプレッションウェアを売り出しているところは今はほぼなさそうである
    • 段階式着圧で検索すると「むくみに対する血行促進」的なのでそこそこヒットする
      • そして、たいてい女性向けである…
      • これだけ買う予定(男性向けはこのシリーズしか見かけず)
    • 使い続けると締め付けが弱くなってきたりするのかしら?
  • なんか遠赤外線で温めるやつ

睡眠

上のリカバリーウェアとかが睡眠に影響する可能性は多々あるが、とりあえず重視しているのは睡眠時間
現状8~9時間は寝ている。最近は質も多少は頭に入れていて、Fitbitをつけたまま寝ると睡眠スコアなるものが出る。
これが足りないからどうしようとかはないけども。 どちらかというと疲れを感じたら早く寝ようくらいの意識。

理想を言えば風呂や食事は2時間前に終わらせたいが、そうできてないことが多い

温冷交代浴+入浴剤

単なる入浴剤は効果を知らないが、炭酸系のはそれなりに血行促進の話を聞くので、きき湯シリーズは割と使っている。
それの上位版のFINE HEAT自宅合宿時には毎日使った。

加えて温冷交代浴。水風呂はないので、水シャワー。 血行良くなってる感は感じる。

マイクロカレント

比較実験ができるわけではないので、実際の効果の程は知らないが、疲労にしても痛みにしても感覚的には少なからず効いていそうという感じ。 2chあるやつなので2箇所に貼れるが、疲労時は2箇所じゃたらねぇ感は結構ある。

まあ値段を考えれば、効かないと困るレベルだが、昔買ったのは「故障治ってくれ」的な願掛けの意味も強い

アクティブレスト

リモートワークになるとそれこそ通常で歩くことすらない。 通勤だけでなく、会議室への移動すらなし、トイレもほぼ歩かず行ける。 というところで、体が凝り固まるので、ちょっと動こうという感じに。

  • みんなの体操(NHK):9:55 これとともに業務開始である
  • ラジオ体操第一:Youtube
  • ラジオ体操第二:Youtube

Jogでも明確に「休み」を意識するときはペースを上げない=心拍数を上げないを意識している。
Fitbitでいうと脂肪燃焼ゾーンに抑える感じ。 合宿では朝練はレストとしてゆっくり、夜に散歩するというメニューだった(散歩は後半は雨でほとんど行えなかったが)
あとストレッチはしてる。

平日ポイント練習の難しさ

週2回やろうととすると平日にやらざるを得なくて結構これが難しい。

時間の難しさ

仕事は最悪10時半に自宅で仕事開始すれば良い、最悪仕事中中抜けできる、最悪早めに仕事を上げることもできる、みたいな自由さ的にはやりやすいのは事実だが、それでも「できる」だけで実際はやりにくいのでやる時間は悩ましい。

  • 朝やる?:体が動かないのでアップの時間が長めにほしい。朝起きられない。
  • 昼やる?:時間が取りづらい
  • 夜やる?:暗くてスピード感が狂ったり、全力を出しにくい

時間のかかり方としては、 ペース走だとどうしても時間がかかる。アップ・ダウンとか色々含めると2時間コース。 時短トレーニング的にHIITとかも見るけど、アップ・ダウンを含めると1時間は見ておきたい。

SITは時短とはいうけど、30秒ダッシュ自体は短い時間だが、4分レストを繰り返すと結構な時間に。その点タバタプロトコルは全部で4分程度だから短いのは事実。 しかしやはりアップ・ダウン含めると30分で終わらせるのは難しい

場所の難しさ

ペース走だとロード(荒川河川敷)で良いかなと思うけど、インターバルトレーニングだともうちょっと衝撃少ないところで走りたいなぁみたいな気持ちになる。

  • タバタプロトコルでダッシュ=20秒ダッシュ=150mくらいはほしい
  • SITでダッシュ=30秒ダッシュ=250mくらいほしい

タータンなら最高だが、まあ仕方ないとして土で200m前後走れるところって意外とないなと。 草ならあるっちゃあるけど結構全力が出しにくい。
草も短くて芝生と呼べるレベルならいいけど、結構長くなってるところが多い感(冬は短くなる?) それが夜できるところにあるかとなるととても難易度が高いのである。
一応飛鳥山公園は一部土になってる?(明るくはないが)

食後を避ける難しさ

これは個人的な面が強いが、他の人でも食後は避けたいというのはあるだろう。
自分の場合は、食後に走ると「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」になる可能性があるので、食後2時間はあけなければ”無理”という感じである。 2時間は目安で食べすぎたときはもっとあけないとダメ

となると朝練は食う前にやるか、超早起きしないとだめである。さすがに起きてすぐ朝食食わずにポイント練習はないだろ、的な難しさがある。

候補

  • 朝走る
    • 6:30起き9:00スタート
      • この日だけ早起きみたいな形はリズム的にきつい
    • 7:30起き8:30スタート
      • 飯は食わないで適当に補給して行う
      • 7:30起きでも十分早いおじさん
      • 飯無しでペース走はむりぽだが、インターバル系ならできると思う
  • 昼走る
    • 適当なオンライン会議中に飯を食って昼休みを使う
    • ポイント練習はそもそも水曜にやっていて、水曜の昼のミーティング的にはやりづらい
    • 昼休みではなく業務を抜けてやるのも、ミーティング的な制約がちょっとある
  • 夜走る
    • 舎人公園陸上競技場って夜やってるんか?
    • 細かいことは抜きにして時間は取りやすいからやるんだという考えも

結論

まだ週2ポイント練習をしない、が正しい気がする。ポイント練習自体始めたの9月途中からだぞ。

平日ロング走の難しさ

じゃあポイント練習ではなく長い距離走ろうというのがあるのだが、時間的にはポイント練習の比ではない時間がかかるので、朝・昼実施難易度がかなり上がる。

じゃあ夜かというところで、信号で止まらない場所で夜明るくて人がいる、というのを備えた場所はないなというところが難しさ。
皇居は割と当てはまるけど、皇居まで行くのが大変である。しかも会社の最寄りのランステ閉店してるやん…。いやオフィスには行ってないんだけど。

「家の近くで信号で止まらない」に当てはまるのは、多分狭いところをぐるぐる回るか、荒川河川敷。
狭いところぐるぐるはなかなかにしんどいし、いうて一周400mとかでも確保は割と大変だからぐるぐる度数がやばい。

荒川河川敷は感動的に暗い。いや一応走ったこと何回かあるんだけどな。曇ってると多少見えるが、晴れていると全然見えん。なんで君等黒い服着てんねん。
自転車も無灯火もたまにいるのと、ライトつけて眩すぎる人たちもまあまあいる。
暗すぎると周りに意識が行かないと見せかけて、意外と走りの方に意識が行かない感があって集中力に欠ける気がする。
とりあえず雨の中走ったら通常以上に人とすれ違わなさすぎて心が死んだんだ。まあ雨降ってなかったら、暗闇だからこその光景が見られて面白い面はあるから、ちょいちょいならやっても良いかもだが。

心拍数を一定にとか信号の点を無視して明かりは多少ある道沿いという手もあるかもしれない。 高校時代の10kmコースを走りに行けばそこへの往復含めて16kmくらいはありそうである。 飛鳥山公園を周回すれば多少距離は稼げるかもしれない。

あとは舎人公園方面あたりかねぇ。でもあの辺治安どうなのかしら(竹ノ塚が近いし)。 知らない道に夜行くのは怖いので、そのあたりが現実的な気がする。PASMOくらい持っていくか(今も長距離走るときは持っていったほうが良い気がする)。