簿記3級合格(勉強したことメモ)

簿記は最低2級やろやっぱと思いながら全然勉強してなかったため3級を受けることにした程度ですが、何を勉強したかのメモを。何時間勉強したかは知らん(20~30時間くらい?)。

はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から!

別の本から始めたんですが、唐突に簿記のやり方を教え始めて、いや何のために簿記があって、何のために仕分けるのかわからんと厳しいですと思って読んだのがこちら。
簿記試験の内容から言うと初歩の初歩しか書かれていないが、「はじめての人」にはとても分かりやすい。数時間で読めると思う。

スッキリわかる 日商簿記3級 テキスト&問題集

これの多分第9版を利用。(来年度から試験範囲変わるらしいので最新ので)
驚いたのが、試験会場に向かう電車内のほとんどの人がこれを読んでいたこと。
始めにこれを読んだらよくわからなかったので上の本に戻りました。
眠くなりながら1回通しで読む、基本後ろの問題は間違えまくるけど間違えたことを振り返って覚える。という感じでした。
このテキストを完璧にしようとまではやらなかったです。読んだのは1周だけですが、読んでいるときも「理解」はできるようにしました。

スッキリとける 日商簿記3級 過去+予想問題集 2018年度

「試験」という観点で言えば問題を解いて間違えたところを覚えて、この本の回数を完璧にこなせれば何とかなるだろ、という気持ちで前のテキストは完璧でないままこちらへ。
仕訳は数こなせば何とかなる感がありますね。そこで躓く人はまだここは早い気もします。多少の覚え足りないところ、ミスをここで減らせるくらいが良いのかなと思います。
問3,5の決算的なところと賃借対照表・損益計算書的なところがどうしても時間がかかるところですし、数をこなしにくいところで、ここはできるまで同じ問題を何度もやってもいいと思います。私は時間がなくてやってませんがw
正直、こんなの財務ソフトなら勝手にやってくれるでしょという計算をやらないといけないのが解せない。最悪エクセルでもSUM()書いておけば足してくれるし打ち間違いも後から見直せるのに、電卓で何回も計算しなおすのが解せない。という気持ちにもなりましたね。
自分の場合は時間もないので、解いてて借方貸方の合計合わないけど答えを見る、というのはやりました。大事なのはどこを間違えたか、そしてそれを次は間違えないこと、計算ミスは本番ならば慎重さと確かめの計算で大丈夫なはずくらいの気持ちで数をこなすことも大事だと思います。新傾向の方は時間がなくてほぼやってないですが、頻繁に出る基本問題外のところなので、これまでのところができてない場合はやっても無駄かと思います。

本番

前日に終日ハッカソンを入れ、さらに主催側の人は知り合いの会社だったため飲みに行き、日本酒を飲みすぎて二日酔い気味というすばらしい体調の中、第一関門「遅れずにたどり着く」を達成。
試験会場の時計が止まっているという素晴らしいトラップも、家を一度出た後に、そういやあそこに腕時計あったし念のため持っていこうのを思いついたため問題なし。「机の上に時計出して良い」なんて書いてないのに会場の時計止まってるし、時計持参でいいなんておかしいよ!とは思いますけどね。
二日酔い気味なことにより「自重」が働き、慎重に進めたおかげで電卓的なミスは少なく、1時間で終わってしまい困るという感じに。ざっと見直したけど暇なので、その部屋では先頭を切って出ていってやったわい。
結果は1問間違い。多分返品だかなんかのところ。

ちなみに使った電卓はこちら


気象予報士試験の勉強内容

2018年度の1回目の試験(8/26試験、10/5発表)で気象予報士試験に受かりました。
参考にはならないとは思いつつ、勉強内容と手法の意図などを書いておきます。

ちなみに自分は6月頭から勉強を始めて3か月弱で合格しましたが、昔ちょっと受けて落ちたのと、大学院の専門が大気力学、仕事でも気象データを扱うことがあるなど知識面での優位はかなりあったと思うので、一般的に3か月で受かるとは思っていません。
一般知識が普通ハードルだと思いますからね。私は一般気象学を1回読めば思い出せるくらいにはもともと頭入ってました。

まず「天気が好き」とかはまずいったん置いておいて「試験に受かること」を第一目的にする。
楽しいとかは二の次で、受かってからどや顔で楽しめばよいじゃないという感じは大事だと思います。

一般知識

一般気象学(6月中)→らくらく突破気象予報士[学科一般知識編](直前1日)
一般知識の内容は一般気象学の内容を理解していないと始まらないとは思っています。
ちなみに「一般気象学全部理解した」の心持ちで試験2週間前に過去問解いたら5点しか取れなかったので、あくまで理解はスタートな気がします。
5点は偶然かと思いましたがその次に6点取ったので多分実力的にそんなものです。
逆に言えば理解ある程度できていれば、最後の追い込みで合格点まで行くことは可能なのかなと思います。
それでやばいと思って、らくらく突破気象予報士[学科一般知識編]を買ったのは、まさかの試験一週間前です。
理解はしているので一日かけて(実質遊びにも出かけた日なので半日程度)「覚えること」だけをリストアップ
またあくまでマークシートなので「単語名」を細かく覚える必要はないという気持ちでとにかく頭に入れる内容を出す、
残り一週間は隙間時間はそれをチラ見する感じで試験を迎えました。
これで本番は12点でした。
もう少し頑張るとしたら、一般気象学の図の類を細かく見たかったくらいの感じです。
図の細かいところついてくるなーみたいな問題はたまに出るので。

専門知識

らくらく突破気象予報士[学科専門知識編](7月+直前1日)→多少気象庁の説明ページ
観測系は覚える、予報情報系は普段から触れ合うという感じでした。
観測系は見ることないですが、気象庁ページを見ていればこんな予報データあるんだという気づきは結構あるので、あとはそれを普段から見えているとそんなに覚える要素はなかったかなと思います。
本の内容は諸々古かったので、適宜気象庁の説明ページで書き換えたりはしましたが。
こちらも試験2週間前は合格点行かないかなー程度でしたので、らくらく突破気象予報士を一般知識と同じように「覚えることのリストアップ」を行いました。

学科

この一冊で決める!!気象予報士過去問徹底攻略(8月頭)
ちょっとだけこれもやりました。
基礎知識面ではよいですが、実際はもう少し癖のある問題が出題されている気がします。
ここの過去問だけ満点取れても正直10点も取れない気がします。
過去問は一応予報業務支援センターが出しているものは全部やった

実技

らくらく突破気象予報士[実技編](7月末~)→気象予報士試験第1回~第20回テーマ別実技試験 解答と解説(8月頭~)
基本的には試験に出るのは「パターン」しかないと思うので、そのパターンを知ることだけを重視しました。
らくらく突破気象予報士はまさにそのパターンを表しているものでまずは大きなパターンを知る、
そして過去問を数解いて細かい部分のパターンを知る という感じで「知らないと解けない」から「数を知る」を重視しました
さすがに第1回~第20回だと古すぎて航空予報とかもあるので、その辺は飛ばしましたが。
実際の試験は75分ですが、記述も雑に書く・キーワードだけ書くみたいな形で75分で採点と覚えることのまとめが終わるくらいのペースで数を回しました。
(時間があれば真面目に向き合っていいと思いますが)
気象予報士という名前ですが、実技は予報をするのではなく予報資料を正しく読んで正しく表現できることが求められていると思います。
75分という枠でまじめにやったのは多分直近の過去問2回分くらいしかないですね。
まあこれはさすがにやりすぎで、
「時間配分がわからない」「実技で書く自分の文章が適切かわからない」という不安は結構ありました。
全体としても直近の過去問は4回分もできなかった気がする

試験当日

前日の寝た後に仕事のサーバーのアラートが上がり、起きた後も仕事のサーバーの別のアラートが上がる素敵な感じはありましたが、
1度目のアラートが上がった後寝られなくなり読んだ実技の参考書の部分(天気記号)が出たので、意外とそのおかげで受かった可能性もあるなとは思いました。
冷房直あたりで、冷房風で紙が舞う素敵な座席でもありましたが、この辺りはいろいろ想定した一部準備が大事かなとは思います。
上着を持って行ってましたし、少なくとも試験票は飛ばない工夫はできるようにはしていました。
あとはリラックスはしてた。頭に血が行き過ぎないように、昼休みは食べる時間以外は完全に散歩してましたし。
まあちなみに実技2はあまりできた気がしないなかで1点でも稼げるようには頑張りましたが、
周りやTwitterで見る、色々な受かった方々が「そんなに自信がない」というのは自分も当てはまってました。