G検定 2020#2で思ったこと

試験直後に書いたのはこちら

受かったらもう少し詳細に書くかと下書きまで行ったものの、書くほどのものでもないなとお蔵入り。
それ以外の思ったことについて。

試験のピントがどこに合わせているかわからない

合格率の高さ

総受験者数    12,552名
合格者数       8,656名(約69%)

検定を作る以上、何かしら意図があるとは思うのですが、そこがいまいち読めない試験だなと感じます。
合格率が高いことは、知識を持つ人の裾野を広げるという感じなのかもしれなくて、そこが意図であれば合格率については問題ないと思います。
興味がある人達に合格者コミュニティ「CDLE」に参加してもらう、その前に最低限の知識を、というのはステップとして良いと思います。

イケてない部分

ただ、2つの点からイケてないと思っています

  • 合格認証ロゴとかアピールさせたい感じと矛盾を感じる
  • 試験内容を割と理解しなくても受かるものである

合格認証ロゴ

名刺とかに載せられる合格認証ロゴが送られてくるらしいです。
載せるほど誇れるものなのか、みたいなところが気になる点で、レベル感から言えばITパスポート受かってますみたいなのを載せている感じになってしまう。
そしていつの試験の合格なのかも入るらしく、更新しないと「私の知識は古いです」アピールになってしまう

話の種になる、みたいなメリットも多少はありつつ、逆に合格率の高さが「こんなの載せてるのどうなの」みたいに思われるデメリットもあるんじゃないかと思う。

まあJDLAからすればおまけ機能かもしれないけど。

理解しなくても受かる

「落ちたと思ったけど受かった」層がTwitterで大量にいたように感じたことが一番気になる点。
結局、「あまりできてない」のに「合格者になる」
ようは試験の問題は「割とわからなくても良い」ものが並んでいたわけで、わからなくて良いもので我々は試験されているというよくわからない状態である。
まあもちろん合格の線引きの方法は明かされていないわけで、いい感じにしているところもあるのかもしれないけど、
これなら、公式テキストに載っていることをしっかりと覚えていれば解けて、合格率は同じだが合格点は高い水準であるほうが納得できる。

結果的に試験料の高さ以外に頑張りがいがない

「勉強する過程で得たものが良かった」みたいのも見かけて、自分もそれはたしかにそうではあるのだけども、過程で何かを得ずとも受かる人がそれなりにいることが証明されてしまった感じがある

もちろん落ちた人も3割いる。そこには頑張った人も含めいろいろな人がいるだろうけど、あの場で検索頑張っただけでイケた人もいた感じは受ける(とても主観です)

いやマジで合格率そのままでいいから、基礎的なことを中心に合格点高くしてほしい

結局ディープラーニングのジェネラリストとして何がわかっていればよいのかわからない

G検定 2020#2受験感想

ディープラーニング G検定の2020年2回目終わりましたね。
コロナで他の試験が軒並み潰れていて、その中で試験料半額を打ち出した試験のため、おそらく受験者傾向が変わっていて、実際の試験の出来の分布はAIでも判定できないんじゃないかなと思う次第ですw

ネット受験の違い

ネット受験というのは初めてなかなか難しさを感じました

準備の抜け

普通、試験の準備って前日とかにするじゃないですか?
で時間に余裕持って行くじゃないですか? 家でやるとギリギリまで準備しないですね。

そんなにすることないんだけど、だいたい10分前から始めたよね。
あったほうがいいものとか忘れるよね(メモの準備忘れた)

まあ試験の日に筆記用具忘れて試験会場の最寄り駅でシャープペンシル買ったり、試験会場まで全力速歩きだったりしているので、実はあまり変わらないという説もある

環境の違い

  • 飲み物飲める
  • 音楽聞ける
  • スマホの通知が受け取れる
  • トイレに簡単に行ける
  • 遊べる

まあさすがに遊びはしないけど、どのような手段で集中するかとかは難しかった。 選挙カーがうるさいのもあったが、まあ以前受験会場でもあったから、家だからというわけではない。

試験内容

白本・黒本だけでは足りない

白本2周して黒本やったら微分とか行列計算(ただし超基礎)とかも出てきて、「は?」ってなったので、すでに白本だけで網羅してないと言えるのだが、 噂(レビュー)などでも見るように、やってないことは多々出る
かといってじゃあ何すんのかは難しいけども。

  • 白本に出ていることももっと詳しく理解する
    • SSDとかYOLOとか単語は出てきたけど、中身知らんし、テキストちゃんと読んでもわからないものもあるって感じではあった
    • 太字だけ追ってるだけだとわからない問題多数である
  • AI白書を読む
    • こんなもん読めるか!(量的に)
    • 試験で調べる用に買ったが、ほぼ役立たず
  • 他の本を読む
    • 簿記試験とかでよく言われるのは一つの参考書をしっかりとやるべき、ということだが、一つの参考書で網羅されてない以上はこういう方法も取るのが良いと思う
  • Study-AIをやっておく
    • 問題の形式はこれに近い。黒本だとちょっと違う。
    • 本にないけどStudy-AIで見たやつだ!ってのもあったのでやっておいて良さそう。
    • 模擬試験として使うのが良いかは不明(自分は抜けてる知識を埋めるためにやったので、一問ずつ答えを見た)

時事的な問題は仕方ないけど、それ以外で網羅性のない白本はクソってのがとても感じることですね。
その単語初めて見るよ!案の定白本検索しても出てこないよ!ってのはやめてほしい。紙面の関係上詳しく説明できていないなら良いと思うけども。

G検定の位置づけ的には「実装」の話よりは、マネジメント層が知識として入れる内容みたいなものには思うので、法律的なものを重要視するのは理解できる。
これに関しては、「試験をする」という立場ではなく、「啓蒙する」という立場でいい感じに公式がまとめていったら素敵だと思うんだがなぁというふうに勝手に思っている。。。

新しい情報もちゃんと頭に入れてねって感じはうけましたね。ディープフェイクなんかはAI白書2020にもない話ですが、NHKが取り上げるくらいには話題にはなっていたものです。
この辺は情報感度の問題で、なかなかこうしたら良いというのが難しいところではあるのですが。。。

時間配分しんどい

1問30秒くらいと言われてて、今回は120分200問だったのでさらに余裕があった。
しかし連続する穴埋めで10秒で3問解けるときもあるが、問題読むのも時間かかるし調べてよくわからなくて数分消耗みたいなのもある。
今回前半に調べないとわからなかった法律問題あったが、話題が行ったり来たりしてるのでどこにあるとも言えなさそうだし、得意不得意にもよるだろうし、目安として60分で100問解けてたら悪いペースではないのはあるが、気づくと時間たらんとかに普通に陥る感じ。
最終的に秒でわからないからテキトーにって問題が2問くらいある程度に時間がなくなった。

覚えない選択をする

まとめを作っておいて、キーワードで即検索できるほうが正確だし、大して時間も変わらない
覚える時間を、体系的な理解や、一つでも多くのキーワードに触れるのに回したほうが正解率が上がりそう。
初めて見る単語だーとか、見た瞬間詳しく理解してないのがわかってる単語だー、とか頻発した。

少なくとも電子書籍が強いのは間違いない(ただしKindle黒本は検索できなかったはず)

受ける意味のある試験か

今回全然出なかったけど、〇〇さんはこんな発言しました!ってところに意味があるのかは知らないが、機械学習・ディープラーニングとかの話するならこれ(G検定を受ける)くらいの知識を持ってからだよねっていうのは感じた。
これは某AI Questで特に感じるのだが、あの研修を受けて自分たちは「主成分分析」をして精度が上がったという雑な着地点に行ったことがあるのだが、主成分分析がなにかよくわからないまま終わっていた(そもそも回帰の問題を説く際のプロセスで、Kaggleを見たら載っていた方法というだけ)
いや、AI Questって名前で、メインの作業は回帰と分類の教師あり機械学習だけかよ。って思っていたところがあって、まさにこのG検定くらいの知識は持たせた上で実装課題も、ビジネス課題も解かせるべきだよなと思った。

というので、まあまずAIがどうこう話すのであれば、共通言語としてこれくらい知っておいたほうが良い気がすることは割とちゃんとはいっている資格試験だと思う。
もっとも専門ではないので網羅性とかまでは知らないけども。

勉強時間

とりあえず月~金1日25分というルールで勉強していて、いつから始めたか忘れたけど6~7週間くらいとすると15時間~20時間。
プラス初日だけ日曜に頑張ったから+5時間、最後の2日だけ多めにやったので+3時間、たまに抜けた日があるので-1時間で25時間前後というところだろうか。

白本流し読み→白本まとめ→黒本→試験3日前にAI-Study着手

まとめはこんな感じ:https://www.evernote.com/l/AF3FR7DGtNpDT66vg16YpXcEOKVGzhINIgU/
ツギハギで作ってるので、そこにその話題があるのおかしいとか、そもそも間違ってるとか多々あると思うし、これの内容は何も保証しない.

普段だとこの手のまとめは、最後に覚えていないことだけまとめることが多いが、今回のはそもそも意識して覚える気がないので大事そうと思ったところを大体記載している。
感覚的には白本1周目でまとめてしまって、黒本入って、余った時間を別のことに回したほうが効率的だった。

ネットの反応

難しかったという声はたくさん見たけど、できなかった反応のほうが大きく出やすい(堂々と受かったとは言いにくい)ので難しいですね。
去年の簿記2級も、大問3がクソで大荒れだったけど他が簡単だったから合格率いつも通りみたいのもあったし

日商簿記2級合格

勢いで簿記3級取ったけど3級だと中途半端だよな、という理由で受験

3級のときの反省で、勉強時間をメモするようにした。
https://blog.miyawa-tarou.com/?p=189
今回は8月中からやらないとと思いながら結局9月末に始めて40時間程度の勉強時間
9月:4時間
10月:8時間
11月:25.5時間
こ、こいつぎりぎりにならないと勉強しないな(試験は11/17なので11月だけ約半月)

今回は勉強したいことは全部はやりきれなかった・・・。
(過去問は解いてない、ぶっ通しで5問解いたのは本の模擬試験1回だけ)

やったことは簡単に書くと
・工業簿記テキスト8時間
・工業簿記問題集8時間
・商業簿記テキスト8時間強
・商業簿記問題集11時間
・+上で作ったまとめを読む
問題集の連結決算部分は前日にやったくらいの感じのギリギリさ。

やったこと

「工業簿記テキスト→工業簿記問題集→商業簿記テキスト→商業簿記問題集」
3級は「スッキリわかるシリーズ」だったので、なんとなく「パブロフシリーズ」を選ぶ。感想としてはまあどっちでもいいんじゃね。という感じ。
絵はどちらも微妙。絵?漫画?があるので本の厚さほどは大変ではない。

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 工業簿記 テキスト&問題集

8時間くらい

基本的にざっと読んでなんとなく理解する(問題もすぐ解けないものはすぐ答えを見る)
→最後にもう一度最初から読みながら記憶ポイントをまとめる(まとめたあとは基本的にもうテキストは見ないはずという気持ち)

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 工業簿記 総仕上げ問題集

8時間くらい

当然このタイミングで全く解けないのはたくさん存在する。
覚えればどうにかなるものは記憶ポイントまとめに記載する。
というかもうテキストに戻らないつもりで、全部まとめに記載する

記憶ポイントに加えてシュラッター図はやらないとなと思っていたが、仕損の計算も「最後にざっと見る」というメモだけ残して、試験当日向かいながら見つけてテキストは持って行ってないので今気づいても確認できないなーと思った
余裕はないので模擬試験は飛ばす

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 商業簿記 テキスト&問題集

8時間強

テキスト序盤は覚えればなんとかなるところだらけなので流し読み。ここで間違える人は3級がわかっていないのでは?と思いつつ、本番の仕訳問題で結構点を落としたのが私です。
財務諸表とか連結とかは1割くらいしか理解してないところもあっただろうけどOK
これも覚えればどうにかなるものは記憶ポイントまとめに記載する
連結会計とかはちょっとまとめだけではどうにもならなかったけど

簿記教科書 パブロフ流でみんな合格 日商簿記2級 商業簿記 総仕上げ問題集

11時間

ここも覚えればいいだろう的なところは間違っても真剣に振り返らずメモするだけで、雑に進める。20分かける問題とか書いてあってもわからんものはわからんので1分で諦めるときもある。
財務諸表・連結会計のところだけは時間がかかった。連結会計は当然上で軽く読んだだけなので全く解けない。
覚えてどうにかなるものでもないので ここだけは解説も真面目に読んだ。
とはいえ連結会計の問題は問題集の構成的に問を進めるごとににちょっとずつやるべきことが増える感じなので、1問目は1割しかわからなかったが2問目は3割わかるぜ、みたいな感じで最終的に最後はまあある程度わかってる状態に持っていく
まあ流石に満点取れるような状況までは行かないけどね。いいの、試験前日晩にこれやってる時点で「そこそこ点取れそう」っていう形になっただけ、強いと思うの。

それ以外

作った覚える系のまとめは2週間前くらいから電車内でひたすら見る
と思ったけど商業簿記のまとめが終わったのが1週間前だから1週間前からだね(2週間前は終わらなすぎて電車の中でも商業簿記テキストを読む段階だった)

試験は午後なので当日朝に工業簿記 総仕上げ問題集に載ってる模擬試験1回分だけ解いた
財務諸表はかなり理解できてるな、まあ字が雑で間違えたけど、っていう感じ。あとは本番パワー、本番字をまともに書くパワーでなんとかなるだろう。
不安もある連結会計も前日にやったからバッチリ部分点を取れるくらいには仕上がってるぜ

試験

場所は北千住の東京電機大学。
前回の国なんとか大学(2校が混ざってどっちかわからん)と比べるとかなり行きやすい。
北千住駅も西口は結構降りてるけど、東口は初めてね。
3級と違い昼過ぎからなので、1つ目のハードルである会場にたどり着くというのがかなり容易ですね(3級のときは二日酔いだった)

到着して、まず予備で買ったシャーペンを忘れたことに気づくw
まあ偶然にも出かける直前にかばんに入ってるのを発見したのが予備であるからいいのだけど。

案内開始から15分くらいで準備完了で開始。
問1~3が商業で、問4~5が工業であることも知らなかったが、どこかで問3は後回し的なのを見かけた気がしたので、問1→2→4→5→3で解いた1,2,4,5解いた時点で1時間過ぎたくらい。
結果的に正しかったね。 一部界隈で盛り上がっていたように、第3問の連結会計がやばい。
結果的に平均点3.5/20って出てたぞw

連結4期目・・・、2箇所くらい何をすべきか全くわからない記述それでも全くわからないわけではないのでとりあえず全くわからないところ以外は仕訳した。
もともと連結など部分点狙いの私に隙はなかった

3が難しくて怒ってる人はそこそこいたけど、まあ1,2,4,5は比較的解ける。そこで10点以上取りこぼしても、3の部分点とかでなんとか、という合格のイメージはある感じ。
ちなみに基本的に解答欄に直書きするので、解答解説とか見ても合ってるかわからん。
もともと最近合格率が下がり気味の傾向から言うと特段難しい回では無いのだろう。9割合格点ですだとキレてもいいと思うけど。

結果

設問1の仕訳落としすぎやろ…。
終わった瞬間の1,2,4,5で落とした部分を設問3で拾うイメージ通りではあったが。

予想されていたとおり、合格率もこれといって低くない結果でしたね。

今年の抱負に
「新しくやることを精査する:思い返すと新しいことはかなりやってたが、自分にとって新しいけど自分にとって価値があるとはいえないことも多々あったなという反省から」
って書いたのにこの資格を取ったのは価値があるのだろうか…?